TRASAS 次世代作業トレーサビリティシステム 製品とサービスの拡充にR&D拠点を開設

総合ハンドツールメーカー京都機械工具株式会社(KTC)(京都府久世郡久御山町/代表取締役社長 田中 滋/証券コード5966)は、同社開発・発売開始済みの「TRASAS(トレサス)」 IoT技術搭載工具・計測機器を、製造・保守現場のエッジコンピュータに接続し、モノとヒトの作業状況をリアルタイムに取得、作業履歴(データ)を「記録・管理・分析」、データに基づく適切な指示を作業者にフィードバックする一連のソフトウェアを開発しました。

さまざまな業界で安全に対する社会的な要求の高まり、働き方改革の実現に向けた作業の効率化が求められる今、KTCは経験や勘に頼っていた曖昧な作業からの脱却を実現します。工具や計測機器にセンシング技術を取り込み、その測定データをエッジコンピュータに送信、作業履歴(データ)に基づくトレーサビリティ管理や作業支援の強化を図ることにより、最終製品の使用者の安心、現場作業者の安全、作業品質、顧客満足度の向上を実現します。

創業から70年。総合ハンドツールメーカー京都機械工具株式会社(KTC)(京都府久世郡久御山町/代表取締役社長 田中 滋/証券コード5966)は、作業現場や社会に「軽くて、強くて、使いよい工具」を提供し、作業環境改善をもたらしてきました。KTCが大切にしてきた製品開発のコンセプトは、「安全、快適、能率・効率」の実現。中でも「安全」については、最終製品の使用者の安全と、工具で作業をする技術者の安全の双方を最重要技術課題と位置づけ、「新・工具大進化」と称するロードマップのもと、工具製品に用いられる「素材」、「構造/機構」、センサや電子デバイス、ソフトウェアとの「統合」という多面的な要素から探求し続けています。

KTCでは、この「新・工具大進化」を具現化する製品・サービスを、TRASAS(トレサス)と名付け、IoT技術搭載工具・計測機器を市場に投入してまいりました。「TRASAS」は「TRAceable Sensing and Analysis System」の意で、工具や計測機器にセンシングの要素を組み込み、その測定データをデバイスに送信できるシステムです。この度、このIoT対応工具を更に高度利用していただくことを目的に、TRASAS 次世代作業トレーサビリティシステム」として、作業支援ソフトウェア、スマートデバイスならびにシステム導入・稼働に必要となる各種サービスから構成されるソリューションを市場投入することとなりました。

システムの構成要素は、以下の機能モジュールとサービスから構成されます。

 

  • (1) IoT工具・計測機器

トルクレンチやノギス等の計測機器に、センサおよびマイコン、通信機能を搭載。作業性を損うことなく高精度なセンシングと作業記録をデータ通信
 

  • (2) 作業者用ソフトウェア TRASAS EM(トレサス イーエム)

IoT工具・計測機器との通信、安全性・操作性を担保した作業者向け情報提供を実現するソフトウェア群
 

  • (3) 統合管理ソフトウェア TRASAS IM(トレサス アイエム)

柔軟かつ拡張性の高いコンテナ型サービスプラットフォーム。汎用的なAPI接続でクラウド、オンプレミスを問わない環境導入
 

  • (4) 作業手順書コンテンツ制作・管理

作業手順書を構造化された情報として管理。断片化、変更管理の不徹底など紙による作業手順書の課題を解消。制作代行サービスの提供も計画中
 

  • (5) 導入検討プロセス

3ステップでシステム導入計画の立案をサポート

Step1 現場確認・提言
作業現場を訪問し、業務の工程や作業を観察。さまざまな角度から調査・確認を行い、課題解決、生産性向上、作業トレーサビリティ導入に向けた課題や対策案を整理します。

Step2 フィッティング
現場で確認できた課題や対策案について、最適なIoT工具・計測機器や作業手順の改善ポイント、作業トレーサビリティの運用方針などを検討します。

Step3 経済性評価・導入計画
フィッティングで検討した内容について、リスク評価やコストについての評価を行った上で、スムーズな導入に向けたプランを策定します。

システム構成システム構成

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

KTCでは、この「TRASAS 次世代作業トレーサビリティシステム」の製品および関連技術の研究開発拠点として、けいはんなエリアにR&D拠点を開設します。

けいはんなエリアには、関西を代表する産学官の先端的研究開発拠点が集積しており、オープンイノベーションのための一大クラスターが形成されています。 KTCにおいても、そのような環境下にR&D拠点を開設することにより、積極的な「情報受発信」や「産学官連携」を通じたオープンイノベーションへの取り組みを推進します。

KTCはこれまで、ヒトの行った「作業結果の精度」を、モノとしてのIoT工具がセンシングすることで、作業指示やトレーサビリティに活用可能な製品を提供してきました。
次のステップとして求められるのは「安全品質」の更なる向上であり、それに寄与する作業結果の精度を高める「作業支援」の実現です。

作業結果の精度に影響を及ぼす要因として、モノ(IoT工具)やヒトの挙動、作業環境など様々な要素が挙げられます。それらを広くセンシング・分析し、作業結果の精度を高めるための作業支援へとつなげる「ヒト作業のIoT化」を推進する研究開発を、けいはんなにおいて実施します。

これらの取り組みを通じ、近い将来にはIoT製品(IoTデバイス、ソフトウエア、サービス)に関連する事業を大きく成長させ、既存の工具事業と並ぶKTC事業の両輪とすることを目指します。

【 拠点の詳細 】
■KTC けいはんなR&Dオフィス(仮称)
・開設日 2020年4月1日(水)
・所在地 けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)内
・目 的 「ヒト作業のIoT化」に向けた研究開発

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

KTCは、創業70周年を迎える2020年をTRASAS元年と位置づけ、作業工具・計測機器の精度を保証しながらも、結果の精度は作業者の技能に依存するだけではなく、作業そのものの支援を通じて結果の精度を高め、ものづくりの「安全・安心」の実現をより高いレベルで推進します。

「TRASAS 次世代作業トレーサビリティシステム」は、2020年4月1日より販売開始予定。 販売パートナー・導入支援パートナーを拡大し、システム導入サービス等の支援策もあわせて提供することで、初年度に50セット、売上高1億円を目標とします。

IoT工具、ソフトウェア、タブレット型PC等の製品に加え、システム導入費用、保守費用等のサービスを含む標準的な提供価格は、以下を予定しています。

 1.トルク管理システム スタート構成:¥250,000より
  スタンドアロンでIoT工具による測定値管理
 2.作業管理システム スタンダード構成:¥4,000,000より
  作業者5名までの作業管理システム

詳細は、KTC Webページおよび、2020/2/26(水)~28(金)に幕張メッセにて開催される「ものづくり AI/IoT展」KTC展示ブースにてご覧いただけます。

【出展概要】
展示会名:第2回 ものづくりAI/IoT展
期間:2020年2月26日(水)~2月28日(金)  10:00 ~ 18:00 ( 最終日のみ17:00 )
会場:幕張メッセ
ブース位置:北11ホール 62-18
 

  • 関連リンク

KTC TRASAS – https://ktc.jp/trasas/
KTCものづくり AI/IoT展 – http://ktc.jp/sale/event/aiiot2020

KTC製品に関するお問合せ
■お客様窓口
Email support@kyototool.co.jp
TEL 0774-46-4159
FAX 0774-46-4359
お電話での受付時間 9:00~12:00 13:00~17:00
(土日祝日及び弊社休業日は除く)