情シスのテレワークを支援するIT管理ツールを無償提供

~IT運用管理製品ManageEngineが日本企業の事業継続を応援します~

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:Manikandan Thangaraj – マニカンダン・タンガラジ、本社:横浜市、以下、ゾーホージャパン)は、新型コロナウィルス感染拡大防止策として企業で需要が高まっている情シス部門によるテレワーク業務支援に有効な、ManageEngine ServiceDesk Plus Cloud(マネージエンジン サービスデスク プラス クラウド、以下、ServiceDesk Plus Cloud)、ManageEngine Password Manager Pro(マネージエンジン パスワード マネージャー プロ、以下、Password Manager Pro), ManageEngine ADSelfService Plus(マネージエンジン エーディーセルフサービス プラス、以下、ADSelfService Plus)の3製品について、本日2020年5月18日より2020年10月31日まで利用可能な無償ライセンスを提供します。
https://www.manageengine.jp/news/news_20200518.html

新型コロナウィルス感染拡大の防止策として、企業には出勤抑制のためのテレワーク導入が政府より要請されています。一方で、感染状況の推移や政府の経済対策の先行きが読めない現状では、設備投資の先延ばしや経費支出の削減などが強いられます。このような逼迫された状況下でも、情報システムやシステム管理部門が円滑にテレワークを導入でき、企業が長期化するテレワーク運用でも安心して事業継続できるよう支援するため、以下3つのManageEngine製品ライセンス(2020年10月31日まで利用可能)を無償で提供いたします。

■無償ライセンス提供対象製品
1.ServiceDesk Plus Cloud
2.Password Manager Pro
3.ADSelfService Plus

1.ITサービスマネジメントツール 「ServiceDesk Plus Cloud」

テレワーク業務開始後、社内ITサポート業務は電話や対面で対応しづらくなります。SeviceDesk Plus Cloudでは、チャットやWebフォーム、メールによるITサポートサービスの提供が可能なため、社内対応と同レベルのサポートを提供できます。問い合わせを自動でチケット変換して対応状況を可視化し、また、社員のPCインベントリ管理により在宅勤務社員のPCリモート操作も可能となるので、ストレスフリーなリモートヘルプデスク業務を実現します。また、パブリッククラウドのサービスのため、社内LANのアクセスを必要とすることなく、VPN環境などに負荷をかけずにご利用いただけます。

■ServiceDesk Plus Cloudの製品概要について:
https://www.manageengine.jp/products/ServiceDesk_Plus/comparison-op-od.html?MEtab


ServiceDesk Plus Cloudのチャット機能について
ServiceDesk Plus Cloudのチャット機能について

2.特権ID管理ツール 「Password Manager Pro」

テレワーク業務開始後、サーバーやネットワーク機器などの管理者アクセスを自宅から行う必要が生じます。Password Manager Proでは、管理者権限によるアクセスを、いつ、だれが、どのような操作で行ったのか確実に証跡を残すことができ、重要サーバー/システムへのオンサイト対応を回避できます。また、重要度の高い管理者アクセスの際に2名以上での立ち合い作業を行うケースがありますが、2名が異なる場所からそれぞれ操作中の画面を確認し、チャットを利用しながらバーチャルに立ち合い作業を行う事が可能です。その他にも、管理者権限アクセスの際にID、パスワードに加えて、電子証明書やGoogle認証システムなどの多要素認証を追加する事も可能です。なお、主要なクラウドサービス(Microsoft Azure, G Suite, AWS等)にも対応しております。

■Password Manager Proの製品概要について:
https://www.manageengine.jp/products/Password_Manager_Pro/


Password Manager Proのセッション監視機能について
Password Manager Proのセッション監視機能について

3.Active Directory アカウント管理セルフサービスツール 「ADSelfService Plus」

情報システム部門のスタッフがテレワークへの急激な移行で慌ただしい日々を送っている中、Active Directoryのアカウントのロック、パスワード有効期限切れなどでシステムにログインできないなど、社員のうっかりミスによるITサポート業務は後を絶ちません。ADSelfService Plusでは、情報システム部門をこのような非生産的ITサポート業務から一切解放し、本来集中すべき業務に専念できる環境を提供するWebベースのツールです。アカウントパスワード期限切れの際に社員へ期限切れ通知も可能で、パスワード期限切れの前日、3日前、1週間前に通知を送信する、など段階的なカスタムアラート通知も設定できます。

■ADSelfService Plusの製品概要について:
https://www.manageengine.jp/products/ADSelfService_Plus/

■無償ライセンス提供条件
□提供期間:ご利用開始日~2020年10月31日まで
*継続利用の場合は有償契約が必要となります。
□受付期間:2020年5月18日~2020年9月30日
□対象契約者:法人・文教(ManageEngine無償ライセンス対象製品未導入の新規契約企業・団体のみ提供可。尚、対象製品と同等製品を有償契約頂いている企業・団体は対象外となります。)

申し込み方法、その他無償ライセンス提供条件に関する詳細については、以下「情シスのテレワークを支援するIT管理ツール無償提供Webサイト」の内容をご確認ください。

ManageEngineについて

ManageEngineは、ネットワークやサーバー、セキュリティ、クライアント端末、ビジネスアプリケーション、Windows Active Directoryなどを管理するパッケージソフトウエア・クラウドサービス群です。
必要十分な機能、かつ、直感的な操作が可能な画面設計により、よりシンプルなIT運用管理を実現します。リーズナブルな価格も特長です。
現在では、日本国内の一般企業、官公 庁や自治体などへ、5,000ライセンスを超える販売実績があり、安心してご利用いただける製品・サービスです。最大で37言語に対応する製品・サービスは、世界で18万社以上の企業や組織が導入し、企業・組織のIT運用管理のシンプル化、グローバル化に貢献しています。

ゾーホージャパン株式会社について

ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開するZoho Corporation Pvt. Ltd.(本社:インド タミル・ナドゥ州チェンナイ CEO:Sridhar Vembu)が開発/製造したネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ソフトウェア、企業向けクラウドサービスを、日本市場に提供すると同時に、関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。
企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界18万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。「ManageEngine」は、ネットワーク管理のOEM市場でスタンダードとして認知されてきたネットワーク管理開発ツール「WebNMS」のノウハウや経験を生かして開発されたものです。
また、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で4,500万人を超えるユーザーに利用されています。国内では「Zoho CRM」や40種類以上の業務アプリケーションを利用できる「Zoho One」を中心にユーザー数を増やしています。

【お問い合わせ先】

■報道関係からのお問い合わせ先:ゾーホージャパン株式会社 マーケティング部 
Mail:jp-memarketing@zohocorp.com TEL:045-319-4613
■お客様からのお問い合わせ先: ゾーホージャパン株式会社 営業部 
Mail:jp-mesales@zohocorp.com TEL:045-319-4612
■ゾーホージャパンURL: http://www.zoho.co.jp/ 
■ManageEngine事業サイトURL: https://www.manageengine.jp/

※本資料に掲載されている製品、会社などの固有名詞は各社の商号、商標または登録商標です。®マーク、TMマークは省略しています。