介護施設の就労管理をサポート!「CWS for Care」提供開始

病院向けシステムをクラウドサービス化し、介護事業者へも展開

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原 教博) は、介護事業者向けに、施設で働く職員のシフト作成から行政へ提出する書類の出力までを一貫して行うことができるクラウド型勤怠管理サービス「CWS for Care(シーダブリューエスフォーケア)」を、業務・資本提携する介護業界大手の株式会社ソラスト(東京都港区、代表取締役社長 藤河 芳一、以下ソラスト社)と共同開発し、提供を開始しました。

背景

 当社は、医療機関向けに、病院スタッフのシフト作成からICカードリーダやスマートフォンと連携した勤務管理、行政提出書類の出力までを行える「就業管理システムCWS」を2014年より販売し、全国150を超える施設で導入いただいています。
 医療機関向けのCWSで解決できる24時間体制の複雑なシフト作成や配置基準チェック、行政書類作成の事務負担は、介護事業者にとっても課題となっていることから、介護施設を保有する医療法人では、介護施設でもCWSの導入を行う事例がありました。今回、より容易に利用できるようクラウドサービス化するとともに、介護事業者に特化した機能を加えた「CWS for Care」を開発しました。

特長

 多くの介護施設で手作業や複数の業務システムを組み合わせて行っている勤怠管理に関連する煩雑な業務を、「CWS for Care」では計画(シフト作成)から報告(帳票出力)まで一貫して行うことができます。特に、行政提出書類については、作成に数日程度かかっていた作業時間を大幅に削減することが可能です。

勤務表作成画面イメージ
勤務表作成画面イメージ
・サービスページURL:https://care-infocom.jp/cws-care/

今後の展開

 まずは、ソラスト社のグループ会社が運営する介護事業所に導入を開始します。その後、今年度中にはソラストグループの全介護事業所(約470事業所)でも導入される予定です。
 今後は、全国の介護事業者での導入シェアトップを目指し、2024年までに2,300施設の導入を目標としています。
 当社は、2020年4月から3カ年の新中期経営計画において、医療・介護領域のサービスを中心としたヘルスケア事業を重点事業のひとつとするとともに、サービス化による構造改革を推進しています。今後も、人材不足など介護業界が抱える課題の解決を支援するITサービスを提供してまいります。

インフォコムグループについて

 インフォコムグループは、医療機関や一般企業向けに情報システムを提供するITサービス事業と、一般消費者向けに電子コミック配信サービス「めちゃコミック」を提供するネットビジネス事業を展開しています。 
[インフォコム株式会社] 代表取締役社長 竹原 教博、1983 年設立、東証一部、連結売上高583億円、連結従業員数 1,171 名(2020年3月期)
https://www.infocom.co.jp/