東洋インキグループ、ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-に出展

東洋インキグループは、2020年10月19日(月)から2020年11月18日(水)までオンラインで開催される「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-」に出展いたします。

ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-は、第3回 先端化学材料・素材総合展、第6回 化学物質管理ミーティング、第5回 産業安全フォーラムに加え、化学の日/化学週間記念ケミカルフォーラム2020で構成する日本で唯一の化学情報交流展です。

今回東洋インキグループは、「先端化学材料・素材総合展」に出展し、「先端技術関連」で5G対応に向けた低誘電率・低誘電正接ポリマーやスマホ・LCD向け光学制御製品群を、「抗菌・抗ウイルス関連」では印刷用UV抗菌ニス、コーティング用抗菌・抗ウイルス性UVハードコート剤などをご紹介します。

<会期>

2020年10月19日(月)10時 ~ 2020年11月18日(水)17時

<会場>

オンライン(入場無料)

公式WEBサイト https://www.chemmate.jp/on2020/

<主催>

株式会社化学工業日報社

<出展製品>

【先端技術関連】

・5G対応に向けた低誘電率・低誘電正接ポリマー

当社独自設計の低誘電率・低誘電正接ポリマー。耐熱性や接着性が求められる各種エレクトロニクス材料にご活用可能。

・スマホ・LCD向け光学制御製品群

スマートフォンを始めとする電子機器部材に求められる「遮光・反射防止」等の光制御製品。「低光沢」「薄膜ながら高OD値」「環境型カーボンレス」等の特徴ある幅広い製品をラインアップ。

・金属密着に優れる高機能塗料

飲食料缶や工業缶などの製缶塗料で培ったノウハウを生かし各種金属に展開した製品。耐食性・絶縁性・耐熱性などの優れた機能を金属表面に付与可能。

・アクリルエマルジョン/水性樹脂(機能性樹脂)

接着剤・保護・バインダー用途等、幅広い市場で実績あり。お客様のご要望に合わせて細部にわたるカスタマイズが可能。二次電池バインダー用途や包装容器の「脱プラ」に貢献する紙コート剤用途などの実績あり。

【抗菌・抗ウイルス関連】

・印刷用抗菌ニス/コーティング用抗菌・抗ウイルス性UVハードコート剤

コロナ禍でニーズの高い「安心・安全」、「衛生・清潔」に貢献。抗菌性と透明性を両立した画期的な開発品。一部の印刷用抗菌ニスでSIAAマーク取得済み、またバイオマス+抗菌ニスや抗ウイルス性ハードコート剤もラインアップ。

<出展会社>

東洋インキ株式会社、トーヨーケム株式会社

■ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE- 公式ウェブサイト

https://www.chemmate.jp/on2020/

※ TOYO INK、TOYO INKロゴは、東洋インキSCホールディングス株式会社の商標もしくは登録商標です。