Qlik、SAPデータアナリティクス向け統合ソリューションでGoogle Cloudとの戦略的パートナーシップを拡大

Google Cloud上のSAPをサポートするために最適化されたQlik製品により
BigQueryにSAPデータのリアルタイムデータウェアハウスを実現

※米国Qlik Technologies Inc.が2020年9月22日に発表した報道発表資料の抄訳版です。

2020年9月30日、東京 – Qlik(R)( https://www.qlik.com/ja-jp )は、Google Cloud( https://www.qlik.com/ja-jp/products/technology/google-cloud-platform )との戦略的パートナーシップを強化し、Google BigQueryによるユーザーのSAPデータ価値向上のための共同でのサービス提供を発表しました。この統合ソリューションは、Google CloudおよびGoogle BigQuery上でSAPデータをサポートするように最適化されたもので、Qlikが新しく「SAP on Google Cloud Expertise」と銘打って強化しているものであり、Google Cloudのユーザーは、Qlikデータ統合( https://www.qlik.com/ja-jp/products/data-integration-products )を使用して確実にデプロイし、自社のすべてのデータを幅広く活用してより多くの価値を引き出すことができるようになりました。

Qlikが新たに提供するGoogle Cloud向けソリューションを使用することにより、お客様はBigQueryでのリアルタイムなアナリティクスのためのSAPデータの移行を加速および簡素化することができます。この統合ソリューションは、Qlikデータ統合を通じて自動化されたリアルタイムのデータパイプラインを提供し、SAPデータを取り込んで、アナリティクス対応のSAPデータをBigQueryに自動的に提供します。SAPデータの提供元としてはレガシーSAP環境、SAP HANA、SAPアプリケーションサーバーのいずれかを問いません。このソリューションには、以下のようなさまざまな利点があります。

・Google CloudへのSAPデータの迅速なオンボーディングと高速ストリーミング

・SAPアプリケーションからBigQueryへのリアルタイムかつ継続的なデータレプリケーション

・SAPシステム上でのオーバーヘッドが最小限のSAPデータレプリケーション

・幅広いSAPアプリケーションのデータソースを単一のソリューションでサポート

・データ統合の自動化により、初期配信および継続的なメンテナンスのためのリソース要件を低減

Google Cloud社のパートナーシップ担当ディレクターであるマンヴィンダー・シン(Manvinder Singh)氏は次のように述べています。「企業は自社のSAPデータを活用してビジネスバリューを強化する必要性が一層高まっています。Google Cloudによってそのデータ活用強化をサポートすることを期待してQlik社と提携しました。お客様はQlik社のこのソリューションを活用して、SAPからGoogle CloudおよびBigQueryへのデータ移行を加速し、最終的にはデータに基づいた意思決定をより迅速に行うことができます」

Qlikデータ統合はSAPによって認定されたものであり、すべてのSAPシステムをサポートします。これにより、リアルタイムのデータレプリケーションが自動化され、SAPの複雑なアプリケーション固有のデータ構造がBigQuery向けに最適化された形式にデコードされます。その結果、アナリティクスユーザーは、より優れたインサイトのために必要とされる適切なSAPデータを確実に獲得できます。

Breuninger社のデータプラットフォームサービスの責任者であるマティアス・クレンツェル(Matthias Krenzel)氏は次のように述べています。「顧客ニーズに対応するためにリアルタイムのデータアナリティクスを効果的に使用することは、現代の小売業に不可欠です。当社はBigQueryを使用して、さまざまなビジネスユニットがあらゆるタイプのデータを分析して意思決定できるようにしています。これらのデータは、オンプレミスのデータベースと、SAPなどのシステムが混在環境から生成されています。Qlikデータ統合により、これらのさまざまなシステムからBigQueryへのすべてのデータの流れを自動化することで、意思決定に必要なデータに基づいて市場の変化に確信を持って対応できています」

両社のユーザーは、SAPシステムからGoogle Cloudへの着実なデータ移行において、Qlikの高い技術力とテクニカルな専門知識による恩恵も享受します。Qlikでは、新しく「SAP on Google Cloud Expertise」と銘打ち、SAPの複雑なアプリケーション固有のデータ構造からBigQuery向けに最適化された形式への移行を管理する専門知識を有することを示してきました。

QlikのSVPテクノロジーアライアンス担当であるイタマー・アンコリオン(Itamar Ankorion)は次のように述べています。「BigQueryのようなクラウドデータウェアハウスを使用することにより、お客様は自社のコアビジネスデータから価値を引き出すことができます。最重要パートナーであり、SAPデータに関する当社の専門知識が認定されている、Google CloudとQlikの統合ソリューションは、あらゆるタイプのデータをリアルタイムに抽出して分析用に提供することで役立つでしょう。この共同ソリューションにより、他のデータソースに加えてSAPデータを企業全体に影響を与えるという目的のためにより幅広く活用できるようになることで、お客様はBigQueryの利点の拡大を実感できることでしょう」

QlikとGoogle Cloudは、9月9日に開催された最新のウェビナー「高級小売業者Breuninger社がGoogle CloudとQlikのスマートアナリティクスソリューションを活用(英語での提供)( https://www.sapinsideronline.com/webinars/accelerating-smart-analytics-for-sap-fast-delivery-of-sap-data-to-google-cloud-with-qlik/ )」において提供内容を説明しました。Qlikのデータ統合プラットフォームの詳細については、 https://www.qlik.com/us/data-integration/data-integration-platform をご覧ください。

■クリックテック・ジャパン株式会社およびQlik Technologies Inc.について

クリックテック・ジャパン株式会社は、米国Qlik Technologies Inc.の日本法人です。Qlikのビジョンは、誰もがデータとアナリティクスを使って意思決定を改善し、最も困難な問題を解決できる、データリテラシーの高い世界です。Qlikが提供するエンドツーエンドでリアルタイムなデータ統合と分析のクラウドプラットフォームは、データ、洞察および行動の間に存在するギャップを埋めることを可能にします。データをアクティブインテリジェンスに変換することで、企業はより適切な意思決定を行い、収益ならびに収益性を向上させ、顧客との関係を最適化することができます。Qlikは世界100カ国以上で事業を展開しており、世界中で5万人以上の顧客にサービスを提供しています。

(C) 2020 QlikTech International AB. All rights reserved. All company and/or product names may be trade names, trademarks and/or registered trademarks of the respective owners with which they are associated.

本書に記載されている情報は、予告なく変更されることがあります。さらに、ここに記載されている製品または機能の開発、リリース、およびタイミングは、Qlikの単独の裁量に委ねられており、購入の意思決定を行う際に頼るべきではなく、また、将来的に特定の製品や機能を提供することを表明、保証、または約束するものではありません。