AMSとジグザグが業務提携 クライアント向け越境ECワンストップサービスを提供開始

株式会社AMS(本社:東京都目黒区、代表者:村井 眞一)は、越境EC支援サービス「WorldShopping BIZ」を提供する株式会社ジグザグ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:仲里 一義)と提携し、クライアント向け越境EC・ウェブインバウンド対応サービスの提供を開始したことをご報告いたします。

AMSの「PRAMS EC」へ専用タグを一行追加するだけで、ジグザグ社が提供する越境EC機能をご利用いただけます。

越境EC用に、特別なシステム開発やオペレーション構築は不要、海外対応における多言語入力、決済、配送などの課題を一挙に解決する「WorldShopping BIZチェックアウト」が最短1日で、導入可能です。

AMSは本提携を通じ、さまざまなファッションブランドを中心とした既存・新規クライアント向けに、簡単に越境EC事業のメリットを享受できるECサイト・オムニチャネル事業の運営をご支援してまいります。

<サービス提供の背景と課題>

移動が制限されている昨今のコロナ禍においても、インバウンド需要の影響や日本ブランドの価値向上などから、日本語ECサイトであっても海外からの閲覧アクセスが一定数存在し、海外からも商品の購買を求めるユーザーがいる状況になっています。

しかしながら、国内ECサイトの越境対応については、多言語・決済・配送などの海外向け仕様に向けた開発や費用面のハードルに加え、EC事業者の多言語でのオペレーションへの負荷やノウハウ不足による課題が多く、越境EC事業へ踏み出せない事業者がほとんどです。AMSとジグザグ社との提携により、海外からのアクセスに対応した、導入&運用時にクライアント負荷のない越境EC支援サービスを提供いたします。

<サービス概要と期待される効果>

本連携により、AMSの「PRAMS EC」を利用するクライアントは、越境EC事業向けに手間をかけることなく、ユーザー用に最適化されたショッピングカート、住所入力フォームの自動設置、商品注文受付から決済(Alipay・銀聯・Paypal・Amazon Pay)、発送、カスタマーサポートまでを含む対応が可能になります。これまで「欲しくても購入できなかった」海外ユーザーが、AMSのクライアントECサイトで商品を購入できるようになることに加え、購入履歴から海外ニーズの把握、マーケティング調査といった活用も期待できます。

オムニチャネルプラットフォームPRAMS

【株式会社AMS】

所在地 : 東京都目黒区目黒1-24-12 オリックス目黒ビル6F

設立  : 2007年7月

事業内容: 統合ECフルフィルメントサービス/オムニチャネルソリューション事業

代表者 : 代表取締役社長 村井 眞一

URL   : https://www.amsinc.co.jp/

【AMSのサービス概要】

AMSでは、統合オムニチャネル プラットフォーム「PRAMS」の提供を通じ、大規模ECサイトの要求に応えられるEC支援サービス、及びオムニチャネルソリューションの提供を行っております。基幹システム、通販業界に精通したWEBデザイン・販売戦略チーム、高品質な商品撮影・商品登録・カスタマーサポート業務などを組み合わせ、EC・オムニチャネル事業を全面的にサポートします。オペレーション/顧客満足度の向上、プロモーション強化、サプライチェーンの最適化、といった様々な経営課題解決と販売最大化を全面支援致します。

詳細は https://www.amsinc.co.jp/ をご覧ください。

※記載されている会社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。