株式会社TechBowlと武蔵野大学データサイエンス学部が包括連携協定を締結

株式会社TechBowl(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小澤政生)は2019年8月武蔵野大学データサイエンス学部と包括連携協定を締結いたしました。

 

 

現役ITエンジニアから学べるプロエンジニア養成所「TechTrain」は現在70名のメンターが在籍しています。そのうち8名がデータサイエンスを中心に教えています。

武蔵野大学データサイエンス学部は2019年4月に開設。2019年度入試では、定員70人に対し志願者1,767人と25倍超の人気を集めました。現在71名の1年生が勉学に励んでいます。

今後、武蔵野大学データサイエンス学部内で行われる授業や「未来創造プロジェクト」など、様々なカリキュラムを加速させる役割として、TechTrainのメンター達が技術のアドバイスやフィードバックを行い、データサイエンス分野の人材育成を図ってまいります。

また、企業情報の紹介、キャリア相談、実務に近い疑似体験の場を提供し、実践的な人材教育を推進し、社会の発展に貢献することを目指します。
 

<関連情報>

■武蔵野大学データサイエンス学部
https://www.musashino-u.ac.jp/academics/faculty/data_science/

■未来創造プロジェクト
https://www.musashino-u.ac.jp/admission/faculty/data_science/project.html

■株式会社TechBowl
TechBowlには「Tech(技術の)」「Bowl(サラダボウル)」という意味を込めています。様々なバックグラウンド、技術を持ったエンジニアが集い、混ざり、気づき、挑戦することで、一人ひとりが鮮やかに働く場を創ります。

https://techbowl.co.jp/

■TechTrain(テックトレイン)
TechTrain(テックトレイン)は、プロのエンジニアを目指すU30(30歳以下)の方のスキルアップとキャリア支援の場です。 業界で活躍する現役社会人エンジニアがメンターとなり、実践的なメンタリング、カリキュラムを提供します。

https://techbowl.co.jp/techtrain/

<代表取締役/プロフィール>
小澤 政生 / オザワ マサオ 
2010年株式会社サイバーエージェント入社。2012年より同社にて技術職採用の関西エリア立ち上げを経験。7年間で約15,000人の候補者と対話。2017年新卒採用責任者として約200名の採用戦略、育成を担当。会社説明会を廃止し、オンライン会社説明会「サイブラリー」を仕掛けたり、各所で多数講演。2018年10月19日に株式会社TechBowlを創業。自身の経験を生かし、次世代のプロエンジニアを増やす仕組みを生み出す。

 

https://note.mu/ozamasa0928/n/n452d93ef5c53

<サービス誕生の背景>
7年間サイバーエージェントで採用人事として約15,000人の学生・社会人と対話しました。その中で慢性的なエンジニア不足を解決する為に、もっとIT業界各社が連携し、世の中にエンジニアを目指す人を増やす仕組みが必要だと感じました。10代、20代のエンジニアが日本一集まり、先輩のプロエンジニアから学び、集い、混ざる技術のサラダボウルのような世界を創りたいと思います。

<会社概要>
■代表: 代表取締役社長 小澤政生
■設立年月日: 2018年10月19日
■会社ページ: https://techbowl.co.jp/
■住所: 東京都中央区八重洲1-9-9 東京建物本社ビル5F xBridge-Tokyo
■資本金: 4,310万円(資本準備金含む)
■主な事業: インターネットサービス業、有料職業紹介事業許可番号(13-ユ-310691)

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社TechBowl
MAIL: info@techbowl.co.jp