「ジャパニーズウイスキーの日」 クラウドファンディング【100万円】突破!

株式会社ウイスキー文化研究所(本社:東京都渋谷区、代表:土屋守)が運営する「ジャパニーズウイスキーの日」制定を記念したクラウドファンディングサイトにおいて、2月24日に支援総額が100万円を突破したことをここにお知らせいたします。併せて、本年4月1日に開催するオンライン乾杯イベントにお招きするゲスト参加者、リターンでご用意していたコースの増枠についてもご案内します。

クラウドファンディング URL : https://camp-fire.jp/projects/385553/preview?token=3uxchj6v
ジャパニーズウイスキーの日 URL : https://jw-day.org/




(1) 【支援者1,000人】を目標に邁進します!

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を2月12日より一般公開後、2週間足らずで当初目標としていた【100万円】をクリアすることができました。これもひとえにジャパニーズウイスキーの未来に思いを馳せ、共に盛り上げて下さるファンの皆さまのご支援の賜物と感謝しております。
しかしながら、100万円はひとつの節目であり本プロジェクトの通過点にすぎません。さらに多くの方々とご一緒に、ジャパニーズウイスキーの日(=4月1日)をお祝いしたいと考えております。
そこで、次のステップとしまして【支援者1,000人】を新たな目標に設定します。引き続きプロジェクトを進めて参りますので、更なるご支援をよろしくお願いいたします。

(2) 【スペシャルゲスト】がついに決定!
4月1日のオンラインイベント(二部18:00~19:00)にご登場いただくスペシャルゲストが決定しました。当日は実行委員長の土屋を交えた一夜限りのトークショーをお届けします。
〈スペシャルゲスト〉
・輿水精一氏(サントリースピリッツ株式会社名誉チーフブレンダー)
・トムセン陽子氏(ラジオDJ/MC)
〈ホスト〉
・土屋守(ジャパニーズウイスキーの日実行委員会代表/ウイスキー文化研究所代表)

■輿水精一氏プロフィール
1949年山梨県生まれ。山梨大学工学部発酵生産学科卒業後、1973年サントリー株式会社(当時)入社。山崎蒸溜所での品質管理・貯蔵部門などを経て、1991年ブレンダー室へ。1999年チーフブレンダーに就任。世界的な酒類コンペティションInternationaal Spirits Challenge(ISC)で、最高賞であるトロフィーを3年連続4回受賞した『響30年』をはじめ、様々なサントリーウイスキーの開発・ブレンドに携わる。2019年現在、サントリースピリッツ株式会社名誉チーフブレンダー。2004年にISCの審査員に、2015年にはWhisky Magazine社のHall of Fame(ウイスキーの殿堂)に、いずれも日本人で初めて選ばれた。

■トムセン陽子氏プロフィール
ラジオDJ/MC。bayfm「9の音粋」(毎週火曜日 21:00~23:00)担当中。
ウイスキープロフェッショナル。ウイスキー検定1級。
ウイスキーの魅力を発信するためにイベントなども開催し、文化人としても活動している。

■土屋守プロフィール
1954年新潟県佐渡生まれ。1987年から1993年の駐英取材経験を基にウイスキージャーナリストとして活動し、1998年にはハイランド・ディスティラーズ社より「世界のウイスキーライター5人」の1人として選ばれる。帰国後にウイスキー文化研究所(当時はスコッチ文化研究所)を立ち上げ、各地での講演や執筆活動、ウイスキーコニサー試験、ウイスキーフェスティバル、ウイスキー検定の企画運営、そしてウイスキー専門誌の発行などを通じて、日本にウイスキーとその文化を広めるため精力的に活動している。2014年放送開始のNHK連続テレビ小説「マッサン」ではウイスキー考証として監修にあたり、2019年からは蒸留酒のコンペティション「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」の実行委員長を務めるなど、活動の場をさらに広げている。


(3) ジャパニーズウイスキーの【定義】について
日本では長い期間ジャパニーズウイスキーに関する公的規則がありませんでしたが、2021年2月16日に日本洋酒酒造組合にて自主基準「ウイスキーにおけるジャパニーズウイスキーの表示に関する基準」が発表されました。実行委員会にて検討をした結果、「ジャパニーズウイスキーの日」においても、この自主基準に則りプロジェクトを進めることに決定いたしました。
日本洋酒酒造組合 : URL http://www.yoshu.or.jp/statistics_legal/legal/independence.html

(4) ウイスキー&グラスコースを【50枠】追加します!
リターンにつきましては企業&団体向けを含めた4コースの有料メニューをご用意していますが、その中の「ウイスキー&グラスコース」が大好評につき早くも完売! 急きょ50枠を追加販売いたします。
当メニューは、オンラインイベントでの乾杯用に限定生産したオリジナルのジャパニーズウイスキーに木村硝子製の国産ハンドメイド・テイスティンググラスをお付けした、パーフェクトコースとなります。
追加販売につき、6,000円でのご提供となります。

ウイスキー テイスティンググラス 2,310円(税込)
木村硝子店 : URL https://www.kimuraglass.co.jp/zizi/products/6748

※本イベントの詳細やプロジェクトを立ち上げた経緯等は「添付資料」をご参照下さい。
※本イベントのリターン、スケジュールを抜粋して以下に再掲します。


リターンのご紹介(再掲)

A. 知って乾杯!特別講演&トークショーコース(1,100円)
土屋守による特別基調講演(一部)の視聴権です。併せて輿水氏・トムセン氏・土屋のスペシャルトークショー(二部)も視聴いただけます。乾杯はお手持ちのジャパニーズウイスキーをご用意ください。
※講演後には録画映像を視聴できるようにいたします。
※三部は無料視聴での全国一斉乾杯イベントです。

B. 乾杯用スペシャルウイスキー付コース(3,300円)
Aコース(基調講演+トークショー)に、乾杯用のオリジナル・ジャパニーズウイスキー(100ml)をお付けします。ジャパニーズウイスキーの限定数は650本になります。

C. 乾杯用スペシャルウイスキー付コース(6,000円)
Aコース(基調講演+トークショー)に、乾杯用のオリジナル・ジャパニーズウイスキー(100ml)と木村硝子製の国産ハンドメイド・テイスティンググラスをお付けします。
※当コースは追加販売につき限定【50枠】でのご提供となります。

D. 企業&団体向けコース(11,000円)
Aコース(基調講演+トークショー)の視聴権を11名様分お付けします。企業等で応援いただく際は、少しお得なこちらのコースをどうぞ。




スケジュール(再掲)

開催日:4月1日(木)
開催方法:オンライン限定イベント
スケジュール(予定):
[一部(有料)] 16:40~17:40 特別基調講演(実行委員長:土屋守)
[二部(有料)] 18:00~19:00 スペシャルゲストを招いてトークショー
[三部(無料)] 19:00~19:29 プレ乾杯イベント/全国一斉乾杯カウントダウン
19:30~20:15 トークショー第2部

※サントリー白札の1929年発売にちなみ、19時29分に乾杯を行います



主催・企画・運営

主催:ジャパニーズウイスキーの日実行委員会
企画:東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)実行委員会、ウイスキー文化研究所
運営:ウイスキー文化研究所

ウイスキー文化研究所について
ウイスキー文化研究所は、ウイスキー評論家の土屋守が代表を務める会員制の愛好家団体です。2001年3月の発足以来、国内外のウイスキー・酒文化全般を深く学ぶべく研究を重ね、情報の収集および発信を行っています。また業界に関わる方々とともに、ウイスキー愛好家や飲み手の育成、ウイスキー文化の普及を目的とした取り組みを企画・立案、実施してきました。国内で唯一のウイスキー専門誌『Whisky Galore』の編集・発行、ウイスキーフェスティバルなどのイベントの企画・運営のほか、ウイスキーに関するあらゆる知識、鑑定能力を問う資格認定制度「ウイスキーコニサー資格認定試験」や、ウイスキーを楽しむための知識を問う「ウイスキー検定」を主催しています。

添付資料
・ウイスキーにおけるジャパニーズウイスキーの表示に関する基準
・4月1日「ジャパニーズウイスキーの日」制定のお知らせ
・「ジャパニーズウイスキーの日」クラウドファンディング【100万円】突破!