コロナ時代に対応した新型ガラス指紋センサー

株式会社テクノグローバル(本社:東京都中央区京橋3-1-1、代表取締役社長:柏原武利)は、7月から、コロナ時代に対応した指紋センサーの本格供給を開始します。

今回の新型ガラス指紋センサーは、非接触ICカード向けに指紋センサーのサイズ拡大、フレキシブル化、コストダウンしているのがの特徴です。

シリコン製センサーではサイズ拡大すると曲げによって割れてしまうためカード向けにサイズ拡大が難しい一方、ガラス指紋センサーはフレキシブル化が容易でありサイズ拡大が可能です。ガラス指紋センサーは大サイズ化した場合のコスト競争力が高く、半導体センサーに比べてコストは、1/10になります。超極薄ガラス上に形成したメイド・イン・ジャパンのガラス指紋センサーで、新型コロナ対策の切り札として期待されています。非接触ICカードへの搭載で本人以外が触れないためコロナ対策も万全です。

大手住宅建設会社、大手セキュリティ会社、IT企業、医療バイオ業界に提供を開始します。