【メディア取材】TBSテレビ「Nスタ」にHapeイベントが紹介されました

ハペ・ジャパン株式会社(東京都渋谷区神宮前6-28-9 東武ビル6階 代表 鈴木裕之)は、2019年8月24日(土)25日(日)の2日間、Village天王洲(東京都品川区)にて【点と線をつないであそぼう―部屋いっぱいのフレキシースティックでクリエイティブしよう】を開催。Village天王洲には2日間で800名もの親子連れが参加し、大盛況となった会場の様子がTBSテレビ『Nスタ』にて取り上げられました。

(VILLAGE/Yoshitomo Kumagai)(VILLAGE/Yoshitomo Kumagai)

Hapeワークショップの様子が8月25日(日)のTBSテレビ・Nスタのなかで「こどもも大人も!楽しく学べるワークショップ」としてご紹介いただきました。

『点と線をつないであそぼう ― 部屋いっぱいのフレキシースティックでクリエイティブしよう』

(VILLAGE/Yoshitomo Kumagai)(VILLAGE/Yoshitomo Kumagai)

今回のワークショップは、HapeNPO法人東京学芸大こども未来研究所と共同で開催。

『FLEXISTIX フレキシースティック』は、竹製のスティックをシリコンのジョイントでつなげて形をつくる、今までにないスティック型の新しい積み木。こどもたちが自由につなげて組み立て形をつくりながら、遊びの中から自然と、想像力・創造力・集中力を身に付けることができるおもちゃです。

(VILLAGE/sato kai)(VILLAGE/sato kai)

今回はそのタイトルにもあるように、フレキシースティックを使って、点(シリコンジョイント)と線(竹素材スティック)をつなげ、空間を認知し、さらに空間に物体を描く力を育むため、こどもたちの自由な発想を引き出すサポートを行いました。

(VILLAGE/Yoshitomo Kumagai)(VILLAGE/Yoshitomo Kumagai)

また、会場のとなりには「Hapeのあそび場」と題し、Hapeの知育おもちゃで思いきり遊べるスペースもご用意。会場では0歳の小さなお子様から大人まで、皆がクリエイティブに遊び、終始賑わいをみせていました。

(VILLAGE/sato kai)(VILLAGE/sato kai)

ワークショップの所定時間45分間、夢中に作り続けたこどもたち。
帰り際には『もっと遊びたい』『次もまたやりたい!』という声が多く聞かれ、こどもたちの創作意欲のスイッチが入った様子。大盛況のうちに幕を閉じました。

=NEXT EVENT(予告)=
大好評のフレキシ―スティック体験イベント、次回は9/22東京での実施が決定!

 

(VILLAGE/sato kai)(VILLAGE/sato kai)

2019 青少年のための科学の祭典 東京大会 in 小金井
Hapeのフレキシースティックであそぼう!

日時
2019年9月22日(土)  10時00分~16時30分
会場
東京学芸大学 (東京都小金井市貫井北町4ー1ー1)

参加費  無料

 
「遊んで身につく、考えるチカラ」
今後もハペ・ジャパン株式会社は、最高の遊びと学びを届けるイベントを積極的に開催してまいります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

=アイテムのご紹介=

 

フレキシースティックフレキシースティック

FLEXISTIX フレキシースティック (全5種類)
全国のお取扱い店舗・Hape公式楽天市場店にて販売中

―さあ、イメージを膨らませて!想像力は無限大!自由につなげて、組み立てて、形をつくろう!―

・タワー 小売り価格:3.480円+tax
・ドームと橋  小売り価格:3.980+tax
・エッフェル塔 小売り価格:1.780円+tax
・クレーン 販売価格 2.280円+tax
・いろいろキット 2,980円+tax

遊びながら、このチカラを伸ばします
手と指の運動/プログラミング思考/カラダの動かし方/コミュニケーション/モノづくり(創造力)/自分を理解する

 

=INFORMATION=
イベントでの大好評をうけ、現在「日本限定フレキシースティック」をNPO法人東京学芸大こども未来研究所とともに共同開発中です。
 

Hape(ハペ)について
-Love Play Learn
ハペは、ドイツ生まれの世界最大級の木製玩具メーカーです。主に0歳から6歳までの子どもたちに向けた、高品質で安全性の高い知育玩具を設計、製造し最高の遊びと学びを世界中の子どもたちに届けています。

 —遊んで身につく、考えるチカラ
ハペのおもちゃは、成長段階に応じていろいろな力を自然に身につけることができるため、ドイツ国内の多くの幼稚園で採用されています。幼少期の遊びは、才能や個性を育てる大切なものだから。ひとりひとりが持っている可能性を引き出し、大きく豊かに育てます。

—6つのチカラとかわいいデザイン
赤ちゃんから幼児期(0歳~6歳)の成長段階に合わせて6つのチカラを育むよう工夫されています。
・手と指の運動
・プログラミング思考
・カラダの動かし方
・コミュニケーション
・モノづくり(創造力・想像力)
・自分を理解する力

また、おもちゃはその機能だけではなく、子どもたちが手に取りたくなるような見た目の可愛さも大切です。
ハペのカラフルでかわいいおもちゃは、ドイツ、イタリア、スイス、スウェーデン等でデザインされています。

HapeJapanハペ・ジャパンについて
2017年9月、Hape社の日本市場におけるマーケティングを行うため設立。ハペブランドの認知度向上と、より高品質で安全性の高い商品の提供を通じて、日本の社会と子供たちの心を豊かにする企業を目指しています。
住所 東京都渋谷区神宮前6-28-9  
代表取締役社長 鈴木裕之