SDGsをテーマに「防災」や「電気」を楽しく学べる 「自由研究 with Honda e」8月5日(木)から公開

1日でできる!Hondaの自由研究

《新コンテンツ》

SDGsをテーマに「防災」や「電気」を楽しく学べる

「自由研究 with Honda e」公開

 8月5日(木)から公開

URL:https://www.honda.co.jp/kids/jiyuu-kenkyu/honda-e/

 

 

 Hondaは、SDGsをテーマにした小学生向けの自由研究コンテンツ「自由研究 with Honda e」を、当社ホームページ内の「Honda Kids」にて8月5日(木)から公開します。「Honda Kids」では、現在96個の自由研究コンテンツをそろえ、毎年、多くの皆様に活用いただいています。 

 

 新たに公開するのは、『「防災」をテーマとした調べ学習』と『「エネルギー」をテーマにした電気を動く力に変える実験』です。SDGsでは「11.住み続けられるまちづくりを」や「13.気候変動に具体的な対策を」など、防災や自然災害にまつわる目標も設定されています。このたび、SDGsのこれらの目標をテーマに、専門家監修の下で新たな自由研究コンテンツを制作しました。

 

 

新コンテンツ①「防災」をテーマとした調べ学習:もし1日電気が使えなかったら?

家庭内で消費する電力や身近な家電製品を自分で調べ、災害時に必要な備えや行動を考えることができます。その中で「Honda e」の蓄電機能などと照らし合わせながら、災害時の備えに対する意識向上につなげます。

 

新コンテンツ②「エネルギー」をテーマにした実験:電気でモノを動かしてみよう

電気自動車が電気で動くように、電気を動力に変えてブランコを作る実験です。この実験を通じて科学の面白さを体感しながら、電気を動力に変える仕組みを学び、エネルギーについての理解を深めます。

 

 いずれも、ホームセンターなどで手に入れやすい材料を使い、1日程度でチャレンジできる内容です。また、研究の経過を記録して学びをより効果的にする「自由研究シート」と「まとめ方のガイド」も、サイトからダウンロードして使用いただけます。SDGs教育にも役立つ「自由研究 with Honda e」を、夏休みの自由研究にぜひお役立てください。

 

 

 

 

 

【「自由研究 with Honda e」概要】

 公開開始日:2021年8月5日(木)15時

 公開先:当社ホームページ内「Honda Kids」

 URL:https://www.honda.co.jp/kids/jiyuu-kenkyu/honda-e/

 内容:調べ学習と実験の二つのコンテンツにより、防災や、災害時に必要となる電気についての理解を深め、SDGs目標11「住み続けられるまちづくりを」、13「気候変動に具体的な対策を」に対応する内容を学ぶことができます。

 

 

①「防災」をテーマとした調べ学習 「もし1日電気が使えなかったら?」   

URL:https://www.honda.co.jp/kids/jiyuu-kenkyu/honda-e/bosai/

 

対象学年 小学校5 ・ 6 年生
内容 災害などにより電力を失った場合を子ども自身が想定し、そのための備えについて調べることで、防災意識を高め身近なエネルギーに関する理解を深めます。
調べる対象

•家庭内にある家電製品を使って消費電力・起動電力を調べる。

•電力会社からの情報をもとに家庭での電気使用量を調べる。さらに、非常時の電源として役立つ電気自動車「Honda e」の総電力量をもとに、停電時に備えたい電力量を把握する。

•自然災害による停電の例をニュースサイトなどで調べる

学習のポイント

•各家庭の電気使用量・使用家電製品を理解する。

•災害時に必要な備えや行動、備えとなる最新技術を理解する。

 例)電気自動車の蓄電機能は、非常時の電源として強力な備えになる。

コンテンツ監修

高荷智也(備え・防災アドバイザー)

 

 

 

 

 

②「エネルギー」をテーマにした実験 「電気でモノを動かしてみよう」

URL:https://www.honda.co.jp/kids/jiyuu-kenkyu/honda-e/electricity/

 

対象学年 小学校5 ・ 6 年生
内容 紙コップや乾電池、磁石など身近な材料を使って電気で動くブランコを工作し、電気が

動力になる仕組みを理解します。暮らしを支え災害時に必要となる電気についての理解

を深め、災害やエネルギー問題についての関心を持つきっかけとします。

学習のポイント •科学の面白さを体感しながら、電気の基本的な性質や仕組みを学びます。

•最新の技術である電気自動車が動く原理を理解します。

コンテンツ監修 L-Kids Lab

 

 

 

<ご参考>

■「Honda Kids」について

子どもの成長と子育て家族の応援サイトです。お子様の学ぶ意欲と好奇心を育む「自由研究」、親子で楽しむアクティビティや自然の不思議を紹介する「ワクドキ発見」、ドライブ旅行の情報や知育教材を提供する「子育てプラス」で構成されます。「自由研究」は身近な素材を使って気軽にチャレンジできる実験や観察、工作のコンテンツを用意しています。

https://www.honda.co.jp/kids/

 

■ 「‟with” Project Honda e」について

新型電気自動車「Honda e」が、シームレスな生活のパートナーとして、人とクルマと社会がつながる少し先の未来を想像できるプロジェクトです。

https://www.honda.co.jp/honda-e/special/withprojecthondae/

 

■Hondaの取り組みとSDGs

Honda はステークホルダーの皆様と喜びを共有するために、時代のニーズを先取りした世の中に役立つ独自の技術で、モビリティ社会の発展に貢献することを目指しています。

この考え方は SDGs の目標 9「産業と技術革新の基盤をつくろう」、目標12「つくる責任 つかう責任」や目標 17「パートナーシップで目標を達成しよう」の達成に通じるものであり、Honda の企業活動全般に関わるものとなっています。

また、Honda は経済的な価値を追求しながら、社会への価値を創出していくことが、持続可能な経営にもつながり、ひいては社会の持続可能性にも貢献できるものと考えています。

2030 年ビジョンの実現に向けた重要課題に基づき、企業活動を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」にも貢献していきます。

 

主な社会貢献活動

「環境」 ー未来につなげるー

「ビーチクリーン活動」「森林保全活動」「里地里山保全活動」を通じ、地域社会と共存できる“豊かな自然”を次世代に残すための地球環境を守る活動を行っています。

「学ぶ」 -夢・わくわくー

「子どもアイディアコンテスト」「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト」などを通じ、“夢の力”を次世代へ伝えていくために子どもたちの育成支援活動を行っています。

「安全」 ー守るー

「Safety for Everyone(すべての人の安全)」を合言葉に、交通参加者に向けて安全をお届けする「交通安全普及活動」を行っています。

「コミュニティ」ー協力し合うー

みんなが暮らしやすい街と社会づくりのために「地域の一員として役に立ちたい」との思いから、「災害支援」「障がい者スポーツ活動支援」など地域に根差した活動を行っています。

https://www.honda.co.jp/philanthropy/sdgs/