ファンデーション塗布肌の「硬さ」がネガティブな「肌感覚」に及ぼす影響

花王株式会社(社長・澤田道隆)メイクアップ研究所は、ファンデーションを塗布した肌の「硬さ」に着目し、これがファンデーションを塗布した肌のネガティブな「肌感覚」に影響を与える可能性があることを見出しました。特に、塗布肌の硬さと「閉塞感」は、高い相関がありました(図1)。

本研究内容の一部は、第84回SCCJ研究討論会(2019/7/18、大阪府)にて発表しました。

ファンデーション塗布肌の硬さと「閉塞感」の関係

■背景

化粧品を使うとき、使用者は、さまざまな場面でその製品を評価しています。たとえば、「仕上がりの見た目」や「塗布時や塗布後の剤や肌の触感(感触)」、さらには“つっぱり感”など「手ではなく、塗布した後の肌で感じている感覚(肌感覚)」も、製品の好ましさに影響を与えていることがわかっています。

そのうち、乳化系(リキッド・クリーム状)ファンデーションを使用した際のネガティブな「肌感覚」として、しばしば「乾燥感」「閉塞感」という言葉が使われます。しかし、こういったネガティブな「肌感覚」が、具体的にファンデーションのどのような物性と関連するのかは明らかになっていませんでした。

そこで今回は、乳化系ファンデーションを塗布した後に、一部の成分が揮発して膜自体が硬くなるという現象に着目。ファンデーション塗膜の硬さが顔の肌の上でも知覚され、「肌感覚」に影響を及ぼしているのではないかと考えました。

■方法

6種類の乳化系ファンデーションを用意し、20~50代の女性55名を対象に、スキンケア※1直後、およびファンデーション塗布※290分後の頬の肌の硬さを、タクタイルセンサーを用いて計測しました(図2)。

さらに、ファンデーション塗布90分後、6種のファンデーションそれぞれについて、ネガティブな肌感覚「乾燥感」「閉塞感」「硬い感じ」「つっぱる」「膜感」「ごわごわする」を感じる程度を、5段階で評価してもらいました。

※1 洗顔し化粧水および乳液を塗布

※2 基準品を顔の片側半分に塗布。試験品5種のいずれかを反対側半分に塗布。ファンデーションは各14名以上で実施

測定部位イメージ

■結果

① ファンデーション塗布肌の硬さ

ファンデーションを塗布して90分後の肌は、試験に用いた6種類すべて、スキンケア直後よりも硬くなっていました。さらに、ファンデーション塗布後の肌の硬さは、ファンデーションの種類によって異なることを確認しました。

② ファンデーション塗布肌の硬さとネガティブな「肌感覚」の関係

6種のファンデーションの塗布90分後に肌が硬くなった程度と、ネガティブな「肌感覚」との関係を確認しました。その結果、ファンデーション塗布肌が硬くなっているほど、「乾燥感」「閉塞感」「硬い感じ」「つっぱる」「膜感」「ごわごわする」といった肌感覚を感じているという関係性が示されました。なかでも、「閉塞感」については、有意に高い相関(r=-0.89)がありました(図1)。

これにより、ファンデーション塗布後のネガティブな「肌感覚」に、塗布肌の硬さが影響を与える可能性があることが示されました。

今回、ファンデーション塗布肌の硬さが、ネガティブな「肌感覚」に影響する因子の一つであることが示されました。ファンデーション塗布肌の硬さを考慮することは、心地よいファンデーション開発の指針になり得ると考えます。今後はさらに、心地よいファンデーションに必要な要素の探索をすすめていきます。