モザンビークの石油・天然ガス分野における人材育成を強化

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野哲弘)は、9月26日、東京にて、牧原経済産業副大臣およびモライス駐日モザンビーク共和国大使の立ち合いの下、モザンビーク共和国国家石油院(Instituto Nacional de Petróleo(以下「INP」))および国営石油会社(Empresa Nacional de Hidrocarbonetos, E.P.(以下「ENH」))との間で「石油・天然ガス分野における人材育成に関する実施プログラム」を更新し延長しました。
 JOGMECは、三井物産株式会社とJOGMECが出資するMitsui E&P Mozambique Area 1 Ltd.(以下、「MEPMOZ」)を通じ、2008年よりMEPMOZが行う探鉱事業を支援してきましたが、本年6月にMEPMOZが実施する開発・液化事業(モザンビークLNGプロジェクト)についても出資対象として採択しています。なお、本年6月には同LNGプロジェクトの最終投資決断が発表されています。
 また、JOGMECは、2012年にINP及びENHとの間で「石油・天然ガス分野での人材育成に関する実施プログラム」に合意して以降、海外石油技術者研修および特別研修事業(モザンビークLNG事業に係る実践的講義)を実施しています。JOGMECは、石油・天然ガス開発関連事業に従事するモザンビーク政府及び関係機関の専門家をこれまで計136名招聘し、研修を実施してきました。
 今般、同LNGプロジェクトの進展に併せ、同国の人材育成ニーズに対応した研修内容を提供することとして、2017年の期間延長に続き、この度2度目の更新・延長に合意しました。
 これからもJOGMECは、モザンビークの石油・天然ガス分野の人材育成を継続し、同LNGプロジェクトに携わる同国政府及び関係機関の専門家の更なる能力向上に貢献するとともに、同国とより一層の関係強化を図ってまいります。

左からムニュケッテENH副総裁、ザカリアスINP総裁、モライス駐日大使、牧原経済産業副大臣、細野JOGMEC理事長左からムニュケッテENH副総裁、ザカリアスINP総裁、モライス駐日大使、牧原経済産業副大臣、細野JOGMEC理事長

全文を読む↓
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_15_000001_00011.html?mid=pr_190927